無料開放中講義

自然治癒大学アトピー学科本講義3 無料開放中

完全なる身体は完全なる排出で得られる。

今回は健康に生きていく上で最も大切な基礎的な部分のお話をしていきます。

医聖ピポクラテスはこう残しています。

「完全なる身体は完全なる排泄で得られる。」
「病人に食べさせることは、病気を養うことである」

病気を根本的に治すために必要なことは簡単で、以下の2つしかありません。

1.自分の体内に巣くう毒を完全に排出する。
2.自分の身体の全臓器が正常に機能する食物だけを口にして、食物が綺麗に全排出できるように適度な運動をする。

私は不勉強だったので28年間こんな単純なことが実に出来ていませんでした。
食品、業界、医療、水、栄養、身体の仕組みなどの勉強不足でした。
そろそろお金儲けをたくらむ企業に誘導されて、
騙され健康被害を被って損をする側に回るのはやめませんか。
業界の闇については別講義にてお話しをさせていただきます。

まず、慢性的に病気の人はいくら食べ物を変えたところで、運動をしたところで、病気は治りません。
なぜかというと体内に巣くう毒物がたまっているせいで、臓器が機能しておらず、
栄養が正常に吸収されなかったり、うまく毒素の排出が出来ない身体になっているからです。

なのでまずは体内に眠る毒素を全て排出しなければなりません。
そしてその毒素を作り上げた張本人を今後一切口にしてはならないのです。

それはじょじょにあなたの身体を蝕み、いつしか病気となって現れるからです。

慢性病というのは今日いきなり症状が発生したわけではないのです。
じょじょに蓄積して段々取り返しがつかないことになってきます。
だからまずは一旦身体の中の不調物をリセットさせなければならないのです。
慢性病になる原因については後ほど別講義で詳しく解説していきます。

不調物の除去の手っ取り早い方法がファスティング(断食)になります。
※断食を行う際には十分な注意が必要なので今すぐ行ってはいけません。別講義で断食の方法について詳しく解説しますので、必ず全ての講義に目を通してから実践するようにして下さい。
断食は聖書で2000年前のイエス・キリストがいた時代から行われていました。
彼は神の教えの宣教前に40日40夜断食をして、悪魔の試みに打ち勝ちました。
断食は頭を聡明にする効果だけではなく、身体が軽くなる効果、皮膚などの様々な慢性病に効くことが現代でもわかっています。
これらを行った後で、食事や運動によって臓器を正常に動かし、正常に排出できるような状態に身体を作っていきます。

改善例を示しますと、風邪が非常にわかりやすいので毎回風邪を例に示しますが、
風邪になると食べたくなくなりますよね。
それはなぜかというと消化に時間を使うよりも代謝に時間を使いたいからです。

食べると消化(栄養の吸収)に時間を使い、代謝(老廃物の排出)に時間を使えなくなります。
風邪はウイルスを早く追い出さなければならないので、代謝に時間を使いたくなるので
自然と食欲が減退するように身体が感じ始めます。
これが前回話した、自然的に身体が治る仕組みを持っているという
自然治癒力があることを裏付ける現象です。

断食の方法や食事の頻度やタイミングなどは別講義で詳しく解説しますが、今回の講義でまず頭に入れて欲しいのは

「病気になったら食べていけない」
「病気になったら身体の中の毒を全て排出しなければならない」

ということです。

病気になったらたくさん食べて生をつけなければいけないというのは間違えで
病気になったら食べないかおかゆなどの消化によいものを食べて排泄に集中しなければならないのです。
アトピーのような慢性病もそれと同じようにまずは排泄をしなければならないということを理解してください。

そのようにしてこそ、赤ちゃんのようにあなたの身体が生まれ変わり、リセットできます。
健康になるということは汚れの無い元の姿に肉体を戻す。自然界の自然な姿に肉体を戻すということなのです。

error: